ディズニーオンアイスでかき氷おかわりできた!グッズは保障付き!

ディズニーオンアイスのかき氷はおかわり自由

待ちに待ったディズニーオンアイスに行ってきました!

もうすぐ3歳の子供と初日の公演を見てきました。

開場時間より1時間くらい早く着きましたが、お土産グッズを見たり、写真を撮ったりしていたらあっという間でした。

開演前から楽しめましたよ。

会場では当日券の販売もあり人も並んではいましたが、早めに行けばその分空いているのでいろいろ楽しめましたよ。

今回はディズニーオンアイスの人気のグッズの紹介や保障についてご紹介しますね。

ディズニーオンアイスと言ったらかき氷ですが、そのかき氷がおかわりできるのかについてもご紹介しますよ。

スポンサーリンク

ディズニーオンアイスは開演前から楽しめた!当日券も売ってた!

ディズニーオンアイスの初日の2回目の公演に行ってきました。

張り切り過ぎて開場時間の1時間以上も前についてしまいましたが、飽きることなく楽しんで待つことができましたよ。

1回目の公演のお客さんは帰ってしまっていて、2回目のお客さんもまだまだ来ていない状況だったので、お土産のグッズを買うのものんびり見られました。

かき氷やポップコーンや綿あめなどの食べ物系から、くるくる回るステッキなどのおもちゃ系まで中に入らなくてもたくさんのグッズが売られていました。

入場チケットがない方でも、会場までくればグッズは購入することができましたよ!

そうそう、会場には当日券売り場もありました。

けっこう人が並んでいたので、当日券で入る人もいるんですね。

予定が立たなかったけど急に行けるようになったって時なんかは、当日券があれば便利ですもんね。

ただ、席の空き状況によっての販売になるようなので、みんな早くから並んでいるんですね。

当日券の販売は講演の90分前からでしたよ。

実際、会場の中は空席もあったので、並びさえすれば当日券が買える確率が高そうだと思いましたよ。

会場の前を歩いていると、無料で写真が撮れるブースを発見しました。

暗くされたブースの中でフラッシュ撮影すると、ディズニーオンアイスのポスターから何かが見えるんですって!

とっても空いていたのもあり、こどもと参加しました。

暗い中に入っていくのに子どもが怖いと言い出したので、抱っこで撮影しましたが、仕上がりはとてもかわいい音符が浮き出てきていました。

ディズニーオンアイスに行ってきた

これも、時間がたつにつれて大行列になっていたので、早めについた甲斐がありましたね。

お土産に反射するキーホルダーをもらえましたよ。

ディズニーオンアイスのかき氷はおかわり自由だった!

ディズニーオンアイスのグッズはかわいいけど高い!というのが親の本音ですよね。

何を買うにも2000円くらいはかかりますしね!

ただ、子どもが楽しみにしているので、食べ物1個、おもちゃ1個とお約束をしていきました。

会場前に着くとグッズ販売がされているのですが、まず子供は食べ物コーナーへ。

アイスが食べたいとずっと言っていたので、かき氷ならあるよと教えたのを覚えていたのかな?

最初はあまりのかわいらしさにかき氷だと気が付かなかったようですが、カップから選びます。

アナ雪は人気だからか、オラフのかき氷とアナとエルサのかき氷だけ2,000円、ラプンツェルとニモのかき氷は1,900円でした。

サラッと書きましたけど、かき氷に2,000円かかりますよ!

初めて行く方はご注意を(笑)!!

そして、息子はアナとエルサのカップがいいと!!

アナ雪のDVDは大好きだし、青いカップだからかな?

売っているお姉さんと「オラフじゃなくてエルサでいいの?」と確認しても「うん」と言うので、エルサのかき氷を購入することに。

氷はその場で削るのではなく、アイスボックスの中から出して、一番上はアイスをすくうやつで丸く形を作ってくれました。

味は、この外で購入したときは、いちご・ブルーハワイ・レモンでしたね。

息子はブルーハワイを選び、青のカップに青のかき氷の完成です!

ディズニーオンアイスのかき氷はおかわり自由

そして、スプーンがオラフになっているんです!

高いけど、やっぱりかわいい!

このスプーンはストローにもなっていて、溶けてきたら吸うこともできます。

それを子どもに教えたら「ジュースみたい」と気に入り溶かして吸ってばかりいました。

そして、このかき氷はおかわりができるんですよ。

私も初めて口コミで知ったときは半信半疑でしたが、かき氷を買ったときにお姉さんから

「おかわりもできますが、おかわりは中のお店でしてください」と言われました。

ディズニーオンアイスは高いばっかりだと思っていましたが、こんなサービスもあるんですね。

そうと分かったら、お代わりしてみたくなりますよね?

開場までに時間がたっぷりあったので、子供と2人でかき氷を食べ終わっておきました。

思っていたよりもたくさんかき氷が詰まっています。

量がしっかり入っているので、子どもだけで食べるのは大変かもというくらいの量でしたね。

その場で削っていないからか、ギューッと丸く固めたからか、かなり大きな氷の塊になっているものもありましたが、味は普通のかき氷でした。

いよいよ開場して中に入ると、中のほうがたくさんのお土産屋さんが出ていました。

外の売り場は日本人のスタッフでしたが、中には外国人のスタッフの方もたくさんいました。

ついつい売り込まれてしまいそうになります(笑)。

かき氷を売っているところで、「おかわりできますか?」と聞くと「はい、味は何がいいですか?」と。

普通にかき氷のおかわりができましたよ。

中の売り場では、味がいちご・レモン・ぶどうでした。

子供のリクエストでぶどうに。

おかわりの場合は、上の丸い形がなく、コップの淵まで入れてくれる感じでした。

ギューッとしないからか、今度は氷の塊もなくとても食べやすかったです。

子供と2人でペロッとおいしくいただきました。

このかき氷はやっぱり人気なようで、子どもたちも1人一つ持っている感じでしたね。

会場の中に入り席についてからも、開演前までは席まで売りに来てくれていましたよ。

私が見た限りですが、やっぱりアナとエルサのカップが一番人気でしたね。

女の子たちはみんなエルサのドレスを着ていましたし、アナ雪ブームは根強いですね。

ということで、かき氷は外で買って食べて中でお代わりすれば一日で2回食べることができました。

おかわりあができるなんてサービス、他では聞いたことがないですもんね。

大切に持ち帰ってまた来年持っていけるようにします!

あ、ちなみにかき氷を買っても持ち帰り用の袋はもらえないので、スーパーの袋でもカップを入れる袋を持っていったほうがいいですよ。


スポンサーリンク

ディズニーオンアイスのグッズは保証付きだった!

そして、さすがディズニーというところがもう一点。

このかき氷のカップですが、ちゃんと保証がついているんです!!

しかも2年間!

購入したときにちゃんと保証賞をもらいました。

ディズニーオンアイスのグッズの保証

人気グッズの、キラキラしたステッキなんかは、あのキラキラがつかなくなったりしたら悲しいですもんね。

こういうイベントのグッズにまで保証をしてくれるなんてありがたいですね。

子供と決めた食べ物一つ、おもちゃ一つのお約束ですが、最初はおもちゃをいらないと言っていたんです!

なぜかおもちゃ売り場に近寄りたがらず、欲しくないならラッキーと思っていたのですが席に着こうとぐるっと会場を回っているところでやっぱり欲しいと。

まあお約束なので一つなら、ということで選んでもらいました。

なんとミニーちゃんのお人形!!

子供が喜んでくれるならもちろん何でもいいんですけど、なんかディズニーオンアイスらしくはないですよね。

しかもうちの子は男の子なのに、今日買ったものはアナとエルサのカップとミニーのお人形(笑)。

かわいいものが好きなんですね。

私は、どちらかというとキラキラステッキを欲しがるかなと思ってたんですよね。

ミニーちゃんのお人形は持って帰るのも楽ちんでよかったです。

他にも、ぬいぐるみやTシャツなんかもありました。

おもちゃたちが2,000円以上かかる中、Tシャツが2,000円で売られていて安いな~なんて思っちゃいました。

お土産売り場ですが、会場の中あちこちにあったので、入り口正面などみんなが集まるところから外れたほうが空いていました。

のんびり見れるので混雑が嫌な方は、他の階に上がってみたり奥のほうまで回ってみたりしてくださいね。


スポンサーリンク
 

ディズニーオンアイスに行ってきたグッズの感想のまとめ

ディズニーオンアイスのグッズは魅力的なものが多い分、お値段がお高い!

それでも、かき氷はおかわり自由だし、グッズには保証がついてくるし、サービスはしっかりしていますね。

せっかくのディズニーオンアイスですし、オリジナルグッズで気分も盛り上げたいですよね。

お土産になれば子供もたくさん遊んでくれますからね。

大切に楽しく遊んでもらいたいです。

うちの子もさっそくミニーちゃんで遊んでいました。

お片付けするときも「ミニーちゃん、お家に帰るんだって」とおもちゃ箱にしまっていました。

なんだかディズニーオンアイスでみたトイストーリーを思い出して、キュンとしちゃいました。

ディズニーオンアイスでたくさん楽しい思い出を作れました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です