七夕に天の川を東京で見れる?雨が降ったときの代わりの案も


七夕に星空を眺めるってロマンチックで素敵ですよね。
今年の七夕は夜空を見上げて、天の川を探してみませんか?

織姫と彦星も見つけられますよ。

でも、きれいな天の川なんて、東京近郊じゃ見られないでしょ?って思っていませんか?

意外ですが、東京でも天の川が見られるポイントがあるんですよ。
ぜひ参考にしてください。

でも、なぜか七夕の日って雨が多い気がしますよね。
いろいろ計画しても、もし雨が降った場合の挽回方法もお伝えするので最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク
  

東京で天の川が見れるところはある?

夢の島公園

住所:〒136-0081 東京都江東区夢の島2丁目2−1−2
夢の島公園ホームページ

電車の場合:東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線
      「新木場駅」より徒歩13分

車の場合:首都高湾岸線の「新木場出口」よりどうぞ。

駐車料金:24時間利用可能
     9時間未満:2時間以内300円 それ以降1時間ごとに100円
     9~24時間:1,000円

23区内でも夜空がきれいに見られる場所があるなんで驚きじゃないですか?

夢の島公園は、昼間はバーベキュー場や陸上競技場もあるためたくさんの人でにぎわっています。
でも夜になると周りの明かりが消えるので、東京でも天の川が見られるんですね

芝生広場が周りに何もなく真っ暗になるので、星空を見るのにはおすすめですよ

夢の島公園なら、昼間からたくさん遊んで夜を待つのもいいですよね。

夢の島公園の駐車場は24時間空いているので、ぜひ七夕の日にお出かけしてみてください。

これなら気軽に行けますよね。
もし、七夕当日にお天気が悪くて見れなくても、何度も天の川が見えるまで行ける距離ですよね。

奥多摩周遊道路 月夜見第二駐車場

住所:〒198-0223 東京都西多摩郡奥多摩町原
駐車料金:無料

夜間通行止め時間
九頭竜橋から都民の森まで:21:00~5:00
旧川野料金所~都民の森まで:19:00~8:00

東京都心からは離れますが、本当にきれいな星空が見れるんです。
肉眼でこんなに星が見られるの?と感動するのは間違いなし

ただ、上に書いたように夜間は通行止めになるので、車中泊が必要になります。
また、この駐車場にはトイレがないので女性にはちょっと厳しいかな
対策ができる方なら、ぜひ月夜見第二駐車場で満点の星空を見てください。

奥多摩湖ダムサイトパーキング

住所:〒198-0223 東京都西多摩郡奥多摩町原
駐車料金:無料

こちらは、先ほどの月夜見第二駐車場だとちょっと無理かもという人におすすめ。
奥多摩湖ダムサイトパーキングだったら、トイレもあるので安心できますね。

もちろん、天体観測もできます。
ただし、駐車場自体が谷間にあるので少し視界は狭くはなります。

もし夜空を見に行くのが初めてという場合には、こちらの奥多摩湖ダムサイトパーキングがおすすめですね。

スポンサーリンク

東京の真ん中で天体観測をしてみよう

六本木ヒルズの屋上から天の川を見れる『六本木天文クラブ』

東京のど真ん中、六本木で天体観測なんてできるんでしょうか?
これが、できるんですね!!

六本木ヒルズの展望台にある「スカイデッキ」から天体望遠鏡を使って星空を見るんです。
しかも天体観測の専門家である「星のソムリエ」さんの解説も聞けるんです。

お話を聞きながら、織姫と彦星の星も一緒に探せるんですよ。
とっても素敵ですよね。

毎月第4金曜日に「六本木天文クラブ スカイデッキ星空観察会」が行われており、例年7月7日には「七夕特別星空観察会」が開催されています。
現在はまだ発表はされていませんが、公式発表されましたらこちらでも随時情報を更新していきますね。

ちなみに2016年の七夕星空観察会の概要を書いておきます。
参考にしてください。

◆開催日時:2016年7月7日 20:00~22:00
◆場所:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)
◆料金:無料(ただし、東京シティービュー/スカイデッキの入場券(一般¥2,300)が必要です。)
◆予約方法:予約は必要なく、開催時間内にシティービューに行けばどなたでも参加できます。

東京のど真ん中で星空がきれいに見えるのか心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、地上238メートルで都内随一の高さなんです。
周りにさえぎるものがないだけでも夜空がきれいにみえるんですよ。

おまけに東京の夜景も眼下に広がっているんです。
とってもロマンチックですね。

夏至の6/21からクールアースデーの7/7までは、環境省が推進している「CO2削減/ライトダウン キャンペーン」の期間中です。
このため、20:00~22:00の間はライトアップが消されるんですよね。

六本木ヒルズからも近い東京タワーやレインボーブリッジ、スカイツリーなどもライトダウンされるんです。
このため、7月7日は東京の明かりが落とされるので、余計に夜空が見やすくなっているんですよ。

七夕にどこに行こう?となったら、東京の夜空を見上げてみてください。

六本木天文クラブ公式ページ

七夕の日が雨だったらどんなプランにする?

雨の中のイルミネーションを見る

7月7日って、東京近郊だと梅雨の真っただ中ですよね。
七夕の日に雨が降っていたり、降ってなくても曇っていたりで、なかなか夜空が見えないこともありますよね。

そんなときには、夜景はあきらめてイルミネーションを見るのもいいですね。

東京タワーやスカイツリーも七夕のイベントをやっているので、そういった屋内のイベントに参加すれば雨も気になりませんね。
夜空を見上げるのは、晴れた日に持ち越しましょう。

プラネタリウムに行く

六本木ヒルズの東京シティービューにプラネタリウムのあるカフェ「星空カフェ」もあります。
本物の夜空が見えなくても、プラネタリウムの星空で天の川を見るのもいいですね。

他にも、スカイツリータウンや池袋サンシャインシティにもすてきなプラネタリウムがありますよ。

ゆったり腰かけて美しい夜の空に思いをはせるのも素敵な過ごし方ですね。

または、自宅でも見れるプラネタリウムなんていうのもあるんです。
これでも天の川がしっかり見れます(笑)

雨の日は外に出たくないという方は、お家の天井を星でいっぱいにしてみてくださいね。

七夕に天の川を見れる場所のまとめ

東京でもちゃんと天の川を見れる場所があるのには驚きですね。
キレイな星空を見て、織姫と彦星が会えるように願うのも素敵な七夕の過ごし方ですね。

都心でも夜空が見えるので、ぜひ足を運んでみてください。

あとは当日雨が降らないことだけを願っていましょうね。
では、すてきな七夕をお過ごしください。

スポンサーリンク

満点の夜空が見えますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です