入れ歯の悩み 30代の女性が困ることは?ばれるのは絶対イヤ!!


いろんな理由がありますが、30代という若い時から入れ歯をしなければいけないとなると、この世の終わりかと思うくらい悩む方もいますよね。

私も入れ歯なんておじいちゃん、おばあちゃんがするものでしょ?って思っていたから、歯医者さんんで入れ歯にするしかない、と言われても、そんなまさか・・・としか思えませんでした。

若くして入れ歯になるなんて、周りの人にばれるんじゃないか、口が臭くなるんじゃないかと心配なことばかりでした。

でも、実際に入れ歯を付けてみると、思っていたほど苦痛ではありませんでした。

今、入れ歯になってしまうと悩んでいる方に、30代で入れ歯をした経験者だからこそわかる入れ歯の悩みの解決法をお伝えしますね。

入れ歯だとばれないようにするにはどこを注意すればいいのか見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

30代で入れ歯になってしまったときの悩み

30代で入れ歯になるなんて、自分がそうなるまでは聞いたことがない、って思いますよね。

でも、みんな言わないだけで、30代で入れ歯の人もいないわけじゃないんですよ。

入れ歯になってしまう理由は様々ですが、事故などが原因だと10代、20代の人でも入れ歯の方はいます。

入れ歯になった、といだけで悲観してしまう気持ちはよくわかるのですが、まずは、自分だけじゃないんだと落ち着きましょう。

どうしても入れ歯が嫌ならインプラントという手もありますし、入れ歯だと目立たないものもたくさんあります。

私も、インプラントは考えたものの、料金や今後の不安もあり、今は部分入れ歯で過ごしています。

一番ダメなのは、歯がない状態で過ごすことです。

それにより、歯がずれてきてあごの関節の負担がかかってしまいます。

関節がずれるので、顔もゆがんでくるという危険もあるんですって!!!

入れ歯が嫌だと思っていても、もっとひどいことになる前に、歯医者さんと納得がいくまで相談して入れ歯を作っていきましょう。

どうしても納得がいかないなら、歯医者を変えることもできるので、しっかりあなたの悩みに向き合ってくれる歯医者さんを探しましょう。

入れ歯を作るのも技術ですから、うまい先生ならピタッと合わせてくれますよ。

スポンサーリンク

入れ歯で困ることはどんな時?

入れ歯をしていない状態だと、どんなときに困るのか想像もつきませんよね。

逆に、大変そうと思っていてもなんともないことも多々あります。

普段の日常生活の中でどんなことが大変で、何に気を付けていけばいいのかをまとめますね。

入れ歯での食事

テレビのCMで、入れ歯だと固いものが食べられない、痛いというシーンが流れますよね。

なので、私も入れ歯になると食べれるものに制限が出ると思っていました。

でも、実際は特に制限はありません。

私は部分入れ歯ですが、食事について気を付けていることはないです。

いつも通りに食べたいものを食べれています

しっかり噛めますし、痛くなることもありません。

ただ、定期的に歯医者には通っているので(検診)、その時に入れ歯が緩くなっているときは調整をしてもらっています。

入れ歯が緩くなっているときにガムか何かを噛んでいて、入れ歯が外れそうになったことがあったので、入れ歯の調整が必要なのは覚えておいてくださいね。

入れ歯での歯磨き

歯磨きの仕方は歯医者さんで教わると思うのですが、入れ歯は傷ついてしまうので歯磨き粉で磨くのは禁止です。

なので、歯磨きの時は入れ歯を外した状態で行います。

すると困るのが自宅外での歯磨きです

私の職場ではトイレが一か所しかなく一人ずつしか入らないので、歯磨きを始めるときに入れ歯を軽く洗い、入れ歯を入れている奥歯を先に磨いてしまいます。

その後いったんトイレの外に出て(一人でずっとトイレに入っていると他の人が使えないので)、他の歯を磨いています。

歯磨き粉を付けているので入れ歯のほうを磨かないように注意しています。

そして最後にうがいをきっちりして歯磨き終了です。

たまたま私の職場はトイレが一つだからこの技で乗り切っていますが、トイレがたくさんあって洗面所がいくつかあるような場所だとそうもいきませんよね。

私だったらどうするか考えると、もちろん人がいなければササ~っと洗いますが、無理そうだったら入れ歯を外さずに、他の歯だけ磨くようにしますかね。

やっぱり職場の人の前で入れ歯を外すなんてことはできないですからね。

一人で使える洗面所があれば、そこで入れ歯の汚れを落とすだけでもできたらいいですよね。

入れ歯での旅行

入れ歯をしていると知らない人との旅行だと、困るのが歯磨き。

ただ旅行の時は一人ずつ口をゆすぐと思うので、その時にささっと入れ歯も洗えば大丈夫です。

夜寝るときについては、入れ歯の種類や歯医者さんの考え方によって違いがあるようですが、私は入れ歯をつけたまま寝るように言われています。

なので、旅行の時は洗浄液を使わずに歯を磨いたら入れ歯をしてそのまま寝ます。

こうすれば、ばれることはないですね。

家族や彼氏に伝えるかどうか

職場の人や友人には、入れ歯だと伝えなくてもなんとかなると思うんですよね。

実際、私はなんともないです。

問題は、結婚しているならご主人や家族、結婚していないなら彼氏に伝えるかどうかというところですよね。

旅行の時は、数泊なら洗浄液を使わずに過ごすのもアリですが、それがずっととなると衛生面もよくないですし、臭いも気になってくるところです。

結婚している主婦の方でご主人にも入れ歯であることを内緒にいている方は、夜洗浄液に入れ歯を入れるときはキッチンのシンク下に入れておくってい言っている方もいました。

そうしていてご主人やお子さんにばれたことはないそうです。

私は、主人にも話していますし、堂々と(?)洗面台に入れ歯洗浄液などを置いてあります。

入れ歯になることを伝えたときも、そうなんだ、と言ったくらいでしたね。

多少からかわれたりはしましたが、普通に受け入れてくれましたよ。

私の個人的な意見ですが、日ごろ一緒にいる時間が長いほど、入れ歯であることを伝えてしまったほうが楽だと思います。

ずっと隠し通すこともできるかもしれませんが、そこに気を使うより、正直に話したほうがコソコソしないで済みますしね。

ただ、これは私の考え方なので、絶対に人には言わない、一生の秘密にするという方もいますよね。

もちろんそれはそれでいいので、自分にとってどうするのがいいかを考えていってくださいね。

入れ歯ってばれるのはイヤ!どこに注意すればいいの?

入れ歯とばれないようにするためには、何が大切なのでしょうか?

入れ歯になったばっかりだと、すぐにばれるんじゃないかと心配ですが、そんなことはないです。

よく考えてみてください、お友達や家族の口の中の状況ってよく見たことありますか?

顔をみて話していれば見えてはいるはずですが、まったく記憶にないですよね。

そんなものなんです、自分が入れ歯になると気になってしまいますが、そこまで人はあなたの口の中を見ていません。

変に口を隠したりコソコソせずに、普通に話して笑ってくださいね。

入れ歯の種類を考える

ただ、部分入れ歯だと金具の部分が目立つのも確かですよね。

私も笑うと金具が前から見えているんじゃないかと気になるときもあります。
私の場合は、金属の金具を引っ掛けている歯も、銀歯で覆われているため目立ちにくいというのもラッキーだとは思っています。

部分入れ歯の金属が気になるという方も、金属がないタイプのものや、目立たないタイプのものも種類がいろいろあります。

どうしても目立つのが嫌だという方は、入れ歯を作る前に先生とよく相談をしましょう。

そうすればいくつか歯医者さんからも提案をしてくれるはずです。

今はいろいろな歯医者のホームページがありますから、ご自分でこういうのがいいと先生にお伝えするのもいいですよね。

若い人向けにいろいろな提案をしてくれる歯医者さんほど、そういう入れ歯を作る機会も多いはずです。

そういう歯医者さんのほうが安心ですよね。

入れ歯の臭い対策をしっかりと

入れ歯ってにおうっていうイメージありますよね。

でも、毎日しっかりお手入れしていれば入れ歯は臭くないですし、きれいです。

だって、入れ歯って取り外せるんですよ。

目で見て汚れが残っていないのも確認できますし、目に見えない汚れも洗浄液につけておくだけでピカピカになるんです。

ふつうに歯磨きをしている自分の歯より、入れ歯のほうが磨き残しがないはずですよ。

入れ歯洗浄剤ってすごいんですよね、何日か使うことができなくて久しぶりに使うと、入れ歯がつるつるになってるのがわかるんです。

これを体感すると、やっぱりできるだけ毎日洗浄剤につけないとだめだなって感じますね。

それだけ汚れを落としてるってことですからね。

そして、もちろん入れ歯だけでなく自分の歯もしっかり磨いてくださいね。

残っている歯を大切にする気持ちは、入れ歯の人ほど強いはずですよね。

歯磨きとフロスがおすすめですよ。

入れ歯も自分の歯もきっちり磨いて、きれいにしていれば口臭なんて怖くないです。

30代で入れ歯になってしまったときのまとめ

最初に入れ歯になるとわかったときのショックって相当なものですよね。

でも、きちんとしていれば大きな変わりなく日常生活を過ごすことができます。

周りに入れ歯だとばれることもないです。

なので、安心して自信をもって入れ歯にしましょう。

きっちりお手入れすれば問題ないですよ。

そして、不安なことや悩みは歯医者さんにしっかり相談してください。

ちゃんと納得して、自分の希望する入れ歯を作ってもらってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です