日焼けした後に日焼け止めを塗っていい?日焼け後のケアや外出時の注意点


外出先で「あっ、日焼け止め塗ってくるの忘れた!!。しかも持ってくるのも忘れた!!」ってときありますよね。

私もついこの間やっちゃいました。

そして首から肩にかけてうっかり日焼けをしてしまい、外出中からヒリヒリしちゃいました。

こうなったら次に大切なのが日焼け後のアフターケアですよね。

どう対処すればヒリヒリを解消し、日焼け後の肌のダメージを軽減できるのでしょうか?

そして、ヒリヒリ痛いけど、外出するときに日焼け止めって塗っていいの?余計肌に悪いのかな?って気になりますよね。

私がうっかり日焼けをしてから調べたことをまとめますので、私と同じうっかりさんはぜひ確認してくださいね。

スポンサーリンク

うっかり日焼けしたとのケアはどうすればいい?

日焼け止めを忘れて日焼けしちゃったときには、アフターケアが大切です。

できるだけ痛みなく、肌への負担も減らすようにケアしていきましょうね。

すぐに日焼けした場所を冷やす

日焼けしてしまったのものは取り返せません。

日焼けは軽いやけどですから、ヒリヒリしていたら冷やすのが先決です。

冷たいシャワーを浴びてもいいですし、外出先なら冷たいペットボトルを購入して肌に当てるのでも冷やす効果があります。

まずは、とにかく冷やすことに専念してくださいね。

保湿はたっぷりと

冷やして肌の痛みが軽減したら、保湿をしましょう。

日焼けしているときは、肌も敏感になっています。

敏感肌用の化粧水をたっぷりつけましょう
これは日焼けしている部分だけでなく、できたら体全体に塗ります。

日焼けしていると体全体が水分不足になっています。

日焼けしたのが肩だけだったとしても、顔や首もしっかりと保湿しましょうね。

多めに化粧水を手に取って、こすらないように肌に塗りこみます。

少し時間を空けて、もう一度化粧水をつけると保湿もバッチリ。

乳液はいつも通りの量を塗るのでOKです。

もし、化粧水や乳液が刺激になって痛みが出るなら、無理に使用せず、痛みの出ない軟膏やワセリンを使ってくださいね

あと、ゴシゴシするのもお肌に負担がかかるので厳禁ですよ。

日焼け後の救世主!ワセリンを使おう

そして、ここで白色ワセリンを使いましょう。

たっぷり保湿した水分を体からでないようにフタをする役割ですね。

保湿した部分にワセリンを薄く伸ばしていくだけでOKです。

ここでさらに時間があればワセリンを塗ったうえにラップで覆うと、肌の保護にもなるし、日焼け後の痛みのケアとしてもいいんですって。

もう一度冷やしながら過ごす

保湿までしっかりできたら、もう一度しっかり冷やしましょう。

保冷剤をタオルで巻いて日焼けした場所に当てて過ごすのがおすすめです。

とにかく炎症を抑えるのには冷やすのが一番なので、これでもかっていうくらい冷やしてください。

これで翌日の痛みの軽減にもなりますよ。

日焼けした後にも日焼け止めを塗っていいの?

日焼けしたあとは、それ以上日焼けしないようにするのが一番ですが、外に出ないわけにはいかないですよね。

そうなると問題になるのが、日焼けしてる場所に日焼け止めってつけていいの?ってことですよね。

まだお肌もヒリヒリしてるし、日焼け止めってお肌に悪いっていうし、つけるのはよくなさそう。
でも、日焼け止めを塗らないとさらに日を浴びて、ヒリヒリしちゃうし・・・

私も同じ悩みがありました。

結論から言えば、肌を保護してから日焼け止めを塗る、が正解です。

やり方を説明していきますね。

  1. 洗顔後お肌を保湿する
  2. いつも以上にたっぷり化粧水を使って保湿してくださいね。

    乳液までしっかり塗りましょう。

    化粧水の量も増やして、化粧水を塗る範囲も広げてくださいね。

  3. ワセリンを塗る
  4. ここでまたワセリンの登場です。

    ワセリンを薄く顔や首肩に伸ばしましょう。

    このワセリンの役目は、保湿の役割+日焼け止めの下地の役割、です。

    保湿の役割については、先ほどお伝えした通りです。

    日焼け止めの下地の役目もあるんですよね。

    日焼け止めってその成分で肌に負担もあるので、特に日焼け後には直接塗りたくないですよね。

    そこで白色ワセリンを先に塗っておくことで肌の保護になるんですよね。

    他にも、むらなく日焼け止めを塗りやすいっていうメリットもあるんですよ。

    ワセリンってなくてはならないものですね。

    赤ちゃんに安心な日焼け止めやワセリンの塗り方 順番はどっちが先?でも詳しく説明してあります。

    赤ちゃんだけでなく大人も同様ですよ。

  5. 日焼け止めを塗る
  6. ワセリンの上に日焼け止めを塗りましょう。

    そして、外出時だけでなく数時間おきに塗りなおすのも忘れないでくださいね。


スポンサーリンク

日焼けした後にが出するときの注意点は?

日焼けした後にお出かけするときには、できるだけ日に当たらないように注意しましょう。

上で説明した方法で日焼け止めを塗るのはもちろんですが、日傘を利用したり、UVカットの防止やストールなどで首や肩も直接日が当たらないようにしましょう。

日焼けしているときは、全身ダメージを受けているんですって。

なので、無理せず過ごしてくださいね。

そして、これは外出時に限りませんが、水分補給はたっぷりと行ってください。

化粧水などで保湿するのも大切ですが、体全体の水分も日焼け後は不足しがちです。

いつも以上に気を付けて水分摂取してくださいね。

リップクリームで唇の保湿するのもお忘れなく!!

日焼けした後の日焼け止め対策のまとめ

うっかり日焼けしてしまった後は、しっかり冷やすこと、そして保湿することです。

そして日焼け後には白色ワセリンがとっても役立つので、ぜひ使ってみてください。

日焼けして後にも、ワセリン+日焼け止めでさらなる日焼けを防いでくださいね。

スポンサーリンク

そして、今後は日焼け止め対策をお忘れなくです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です