夏の汗で痩せない理由 いい汗とダイエットの関係や方法は?


汗をかくと痩せそうな気がしますよね。

汗をかくけど別に痩せないし。
太ってるから汗もかきやすいんだけど、体重には関係なさそう。

ん~なんで?
という疑問に答えていきますね。

汗をかくと痩せるのは本当なのか?それとも痩せないのか?

汗とダイエットの関係や、汗をかいてダイエットに成功する方法をお伝えします。

最後までお見逃しなく。

スポンサーリンク

夏に汗をかいても痩せない理由は?

夏にあんなに汗をかいてもやせないって不思議ですよね。

どうせなら汗をかいた分痩せたら、ダイエットも楽勝なのに!!と思いますよね。

これは、夏の汗は体温調節のためにかく汗だから痩せないんです

夏だけに限りませんが、人は体温を一定に保とうとするので、体が熱くなると体温を下げようと汗を出します。

この汗の成分はほぼ水。

なので、あ~今日も暑かった、と水分補給をしたらすぐに体重も戻ります。

もちろん、汗をかいただけで水分補給をしなかったら体重は減っています。

なので、一時的に体重計の記録だけを減らしたいなら、汗をかいて水分をとらないという方法も取れます。

でも、体内の水分が減っているので、血液はドロドロになってしまうし健康にはとっても良くないです。

脱水になり、夏だったら熱中症になる危険も高いです。

だから、夏の水分摂取が大切だよ、と言われるんですね。

夏の汗はほぼ水なので、汗をかいた分水分を取ってるから痩せないんですね。

痩せるためには、水分を減らすではなく、体脂肪を減らすことです

では、どうやったら体脂肪を減らす汗をかくことができるのか見ていきましょう。

汗とダイエットの関係は?

せっかく汗をかいたんだから痩せたい、っていう気持ちとってもわかります。

夏の汗は痩せないのは事実ですが、だからと言って意味のない汗ではないんですよ。

ダイエットで痩せるためには、いい汗と悪い汗について知っておきましょう。

いい汗

俗にいういい汗とは、サラサラしてべたつかない汗のことです。

この汗の成分はほとんどが水で、塩分などのミネラルが少ししか含まれていません。

汗ってしょっぱいと思ってますか?
でも書く汗によってしょっぱさも違うんです。

いい汗だと塩分は少ないのであまりしょっぱくありません。

塩分などのミネラルは脂肪を燃焼させるのに必要な成分なんです。

なのでミネラルを体内に残したまま汗をかくと、それだけ体脂肪も燃えやすくなるんですね。

悪い汗

悪い汗というのは、いい汗と逆で、ベタベタして大粒の汗のことです。

汗をかいたところをすすいでからなめてみても、しょっぱさが残っています。

この汗だと、大切なミネラルも体の外に出ていってしまっています。

なのでこの悪い汗をかくと塩分、水分不足になり熱中症にもなりやすくなりますし、ダイエット効果も下がってしまいます。

できるなら、サラサラの汗をかきたいところですが、このベタベタの悪い汗にもいい面もあるようです。

この悪い汗にはデドックス効果があるという話もあるそうです。

むくみを解消したり、悪いものを外に出すためにはこのベタベタの汗をかくことも必要なんですって。

ただ、この悪い汗ベタベタしてるだけじゃなく、臭いもあるんですよね。

できるだけかきたくない汗であることは確かです。


スポンサーリンク

汗をかいてダイエットする方法は?

では、いい汗と悪い汗があるのはわかったけど、どうやったらいい汗をかけるの?ってことが知りたいですよね。

まずは、いい汗をかけない、つまり悪い汗をかいてしまう理由から見ていきましょ。

  • 運動不足
  • 自律神経の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 冷房の使い過ぎで汗腺機能が低下

これって、ダイエットをしたいと思っている人なら、私当てはまってる!!とギクっとするはず。
どうですか?

なので、これを解消していい汗をかくためには、運動をすること、食事を見直すこと、汗腺機能を高めることが必要なんですね。

汗腺機能を高める方法

汗腺機能を正常な働きに戻すのには、とにかく日常から汗をかく頻度を増やすことが大切です。

具体的な方法を見ていきましょう。

  • 運動
  • 汗をかいて、ダイエット効果もあるのがウォーキングです。

    20分以上有酸素運動をしていると脂肪も燃焼してくるので、いい汗をかいて体脂肪も燃やしましょう。

  • 入浴
  • 汗をしっかりかくために、最初にちょっと熱いかなという温度のお湯に手足だけつけます。

    湯船に熱めのお湯をはって手と足だけつかるようにしてもOKです。

    その後ぬるいお湯を足しながら低めの温度に調整をして、今度はゆっくり全身つかりましょう。

    浴槽に入ることで全身の汗腺を刺激できますよ。

    また、お風呂にお酢を入れるのも汗をかきやすくする方法なんですって。
    湯船にコップ1杯程度のお酢を入れるとちょうどいいそうです。

  • 冷房の使い方の確認
  • 暑くて汗をかくのが嫌だと、ガンガンにクーラーを使ってますか?

    それだと汗もかかないままですね。

    なので、屋外と屋内の温度差があまりないようにまずは1℃だけでも設定温度を上げてみましょう。

    体調管理としてクーラーの利用は必要ですが、汗腺を鍛えるには部屋の中で快適に過ごしているだけではいけないんですね。

    汗とダイエットについてのまとめ

    汗をかいて痩せるためには、いい汗をかく必要があるんですね。

    しっかり汗腺機能を鍛えることで、いい汗をたくさんかいて脂肪を燃焼させるようにしましょう。

    汗をかきやすい季節ですから、汗腺を鍛えるのには夏がもってこいですよね。

    スポンサーリンク

    では、今年の夏はいい汗をたくさんかいて、やせるぞ~!!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です