横浜イングリッシュガーデンに赤ちゃんといける?ベビーカー?授乳できる場所は?


横浜イングリッシュガーデンは横浜駅からも無料送迎バスが出ていてとっても行きやすいですよね。

季節のお花を見に行きたいけど赤ちゃんと一緒でも大丈夫?と気になる方に子連れで行くときのポイントをまとめました。

横浜イングリッシュガーデンまでの行き方や

ベビーカーでもいける?
授乳できる場所はある?
おむつ交換できる場所は?

などについてもまとめてありますよ。

スポンサーリンク

横浜イングリッシュガーデンに赤ちゃんと子連れで行くなら?

季節の花々がキレイに咲き誇っている横浜イングリッシュガーデンは、横浜駅からも近いので気軽にお花を楽しめる場所ですよね。

お散歩がてら赤ちゃんもつれてお花を見に行ってみたい、と思うけど、赤ちゃんと一緒に行けるのかしら?という方のために情報をまとめますね。

横浜イングリッシュガーデンへの行き方

赤ちゃん連れなら横浜駅から出ている無料送迎バスを利用するのがおすすめです。

横浜駅西口の天理ビルのあおぞら銀行の前にバスが止まるのでそこで待っているといいですよ。

地下街から行くなら、南8番出口を出たすぐのところです。

この付近からはいろいろなバスが止まっていますが、緑色の「tvkハウジングプラザ」行きのバスが来るのでそれに乗ってくださいね。

横浜イングリッシュガーデンは、tvkハウジングプラザ横浜という住宅展示場の中にあるので同じバスに乗ってください。

一年中お花は咲いていますが、一番人気なのはバラの時期5月です。

このときは混むことが予想されるので、早めに待っていて座って移動できるといいですね。

バスの時刻表は
横浜駅発 9:45 10:30 11:15 12:00 13:00 13:45 14:30 15:15 16:00 16:45 17:30
となっています。

また、混雑時には無料バスが増便されているので、ホームページでご確認ください。

ただし、水曜日は運休しているのでご注意くださいね

水曜日はバスが運休している分、混雑もやや軽減しやすいです。

子連れでのんびりしたいなら、水曜日を狙っていくのもおすすめですね。

その場合は、相鉄線平沼橋から徒歩10分です。

また、無料の駐車場もあるので車で行ければそちらのほうが安心ですね。

広い駐車場で500台止めることができます。

ただし、tvkハウジングプラザ横浜、ヨコハマくらし館、ザ・シーズン’ズ全ての利用するお客さんが止めるので、週末は混雑しやすいです。

住宅展示場のイベントや横浜イングリッシュガーデンの人気の時期に重なると注意が必要ですが、それ以外であればまず止められますので安心してくださいね。

横浜イングリッシュガーデンは子連れは多い?

横浜イングリッシュガーデンは住宅展示場と併設されていることもあってか、子連れのお客さんは多いです。

赤ちゃんから小学生くらいの子どもをたくさん見かけましたよ。

それにお庭なので多少泣いても大丈夫ですし、ベンチがあったりのんびり過ごすにはもってこいの場所です。

チケットもすべて一日券で再入場も可能なので、赤ちゃんが泣いて気になるようなら一度出てからまた入るということも可能です。

お子さんが歩けるなら芝生や土の上も歩けるので、喜んで歩き回るはずですよ!

横浜イングリッシュガーデンで赤ちゃんに食事をさせる場所はある?

イングリッシュガーデンの中にベンチはたくさんあって座って休憩できるところはありますが、飲食は禁止です。

イングリッシュガーデンの入り口の両側にはパラソル付きの椅子がたくさん並んでいるので、そこで食べることができます。

お弁当を持ってきて食べることもできますし、売っているものを買って食べてもOKなので、赤ちゃんの離乳食やおやつもそこでどうぞ。

また、住宅展示場のほうにもベンチはたくさんあるので、お好きなところでお弁当を食べられますよ。

芝生の上で食べるのもピクニック気分でいいですよね。

横浜イングリッシュガーデンはベビーカーで行ける?

赤ちゃんと行くとなるとベビーカーで行くか抱っこひもで行くか悩みますよね。

横浜イングリッシュガーデンに行くなら、抱っこひもがおすすめです。

ベビーカーでも大丈夫ではあるのですが、イングリッシュガーデンの中は舗装されたところだけでなく、せまい道もたくさんあります。

写真だと見にくいかもしれませんが、このような細い道がたくさんで、地面も舗装されてないところもありました。

こんなでこぼこ道もあったので、やっぱり抱っこひもが楽ちんです。

せっかく行くならお庭中見て回りたいですよね、それなら抱っこひもで行ったほうがいいです。

ベビーカーだとお庭の半分くらいしか見れないですね。

また、無料送迎バスも混雑することがあるので、ベビーカーより抱っこひものほうが楽ですよ。

ベビーカーで行ったなら、お庭に入るときはベビーカーを預かってもらって中に入るのが正解ですね。

どうせならきれいなイングリッシュガーデンを満喫して下さい。

スポンサーリンク

横浜イングリッシュガーデンに授乳できる場所はある?おむつ交換台は?

赤ちゃんと行くと気になるのが、授乳室やおむつ交換できる場所があるのか、ですよね。

横浜イングリッシュガーデンの中にはトイレもないのですが、周辺の施設にはおむつ交換台も授乳室もあるので安心して利用できます。

イングリッシュガーデンから一番近いのは、出口横のヨコハマくらし館です。

ヨコハマくらし館入ってすぐのところにトイレがあり、一番奥の多目的トイレの中におむつ交換台があります。

おむつを捨てるゴミ箱も用意してくれていました。

ちょっと場所は離れますが、住宅展示場の中にベビールームと授乳室もあります。

おむつ交換台やミルクを作る調乳器もあるので、ここまで行けば安心してなんでもできますよ。

イングリッシュガーデンに入る前にここに寄ると安心して遊べますね。

横浜イングリッシュガーデンに子連れで行くときのまとめ

横浜イングリッシュガーデンは、住宅展示場と隣接していることもあり、子連れに手厚い場所になっています。

子どももたくさんいるので、安心してお出かけできますよ。

キレイなお花をゆっくり見て、のんびり過ごしてみてくださいね。

お子さんもキレイなお花を見て喜びますよ。

スポンサーリンク

横浜イングリッシュガーデンのあじさいフェアの様子はこちらからどうぞ
横浜のあじさいのおすすめスポット 横浜イングリッシュガーデンでの見頃はいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です