VIO脱毛で最終的な形は自然に残したい!全照射するのは何回?まだらになったらどうすれば?


夏に向けてデリケートゾーンの脱毛をやってきたあなた。
そろそろ最終的な形をどうしようか悩む時期ですよね。

Vラインは自然な形で残したいけど、どんな形にしたらいいのかな?
IラインとOラインは全部脱毛してもいいんだよね?
と不安や疑問が出てきますよね。

VIO脱毛をした体験談とサロンの人から教えてもらった全照射する回数やまだらになってしまったときの対処法をお教えしますね。

毛がはみ出すのを気にせず、自信をもってどんなデザインの水着や下着でもはけるようにあともう少し脱毛を続けていきましょう。

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

VIO脱毛の最終的な形はどうしよう?自然なのはどんな形かな?VとIはどう残す?

初めは少しでも毛の量を減らしたい、少しでも毛が柔らかくなればと思って始めたVIOの脱毛も、今では順調に毛が減ってきたころですか?

少しでも毛の量が減ってくると、とっても嬉しいですよね。
私も、下着からはみ出る毛の量が少なくなっただけでも気持ちがスッキリしましたね。

少しでも毛が減ってくるともっともっと減らしたいと思いがちですが、最終的にどのくらい毛を残すかもしっかり考えておきましょうね。
脱毛期間中は毛がない時期も長いので、毛がないことに慣れてしまっていますが、最終的に毛を残す予定の方は要注意です。

毛が生えてこなくなっちゃった、となる前に最終的なデザインを決めて、そこを目指して脱毛していきましょう。

では、次は最終的なVIOの形を決めていきましょう。

Vラインの形はどうする?

一番悩むのはここですよね。

私は脱毛を始める前は、少しでも毛が減ればそれでいいと思っていたのですが、やってみると順調に毛が抜けてきてどんどんVラインに生えている毛が減ってきました。
そうするとそれに慣れてしまって、実際どのくらい残せばいいのかわからなくなっちゃったんですよね。

なので、自然な形にするにはどうすればいいのか、どんな形が人気なのかを見ていきましょう。

お店の方に聞いてみると、全部なくしてしまう方も結構いると言われました。
Vは残すのが当たり前と思っていたので、ちょっと衝撃でしたが、確かに毛がないのに慣れてしまえば平気なのかもと考えてしまいました。

他にも、Vを残す人でも、本当に少しだけちょこっと逆三角形や丸い形にして残す人が多いとのことです。
脱毛を始める前に想像していたより、はるかに小さい面積だけ毛を残す人が多いんですね。

せっかく脱毛をしたのだから、全部ないのは恥ずかしいけどできるだけ毛の量は減らしたいっていうことなんでしょうね。

Vラインの人気の形は、逆三角形と楕円形なんですね。
これを聞き出せて、一安心です。

脱毛したと思われても平気な方は、小さく残すのも良さそうですね。
もちろん、全部なくすのもやりたいなと思うのであればやっていいと思いますよ。

私は、もうちょっと自然な形で残したいなと思ったので、逆三角形で少し大きめに残すことにしました。

Iラインはどうする?

Iラインは全部処理したいと思っている方も多いですよね。
スッキリさせたいのが目的なら、もちろんそれでOKです。

ただ、私はなるべく自然に見えるようにと思っていたので、ここにも注意しました。

Vだけ残して、Iラインを全部なくしてしまうと、毛の流れが急に途切れてしまうんですよね
前から見ても不自然な印象になりやすいです。

なので、ポイントはIラインも上から1/3程度はある程度残しておくこと。
このほうが自然な形になります。
ここは毛が薄くてもいい場所ではあるので、Vの形を作りだすときに、Iラインも何回かは残しながら照射してもらいましょう。

Iラインの幅は狭くするのはいいことなので、Iラインの内側で上から1/3位を残すということがポイントですね。

Oラインはどうする?

Oラインは全部なくしたい場所ですよね。
なかなか自分では見えないので、もし水着からはみ出ていても見えないですからね。

Oはできる限り全部なくしてしまいましょう

自己処理するときに自分でも見るとは思いますが、きちんと見えているかは不安ですよね。
なので、ここも脱毛に行ったときに、毛の状況はどうですか?とスタッフの方に聞いてみましょう。

きちんとどのくらい残っているか教えてくれますよ。
毎回照射するのはもちろんですが、毛が減ってきているかも確認しましょうね。

VIO脱毛でVラインを残したいときは、全照射は何回すればいいの?

VIOの最終的な残したい形は決まったけど、脱毛を初めて何回目くらいから形を残していけばいいのかってわからないですよね。
最初のうちは、この毛深い毛を減らしたいと思って毎回全照射していたけど、そろそろ形を残していったほうがいいのかなと心配になってきました。

一般的には、病院で行われる医療レーザー脱毛は全照射は1~3回まで。
エステの光脱毛やフラッシュ脱毛は全照射は6~9回まで、と言われています。

体に生えている毛で脱毛の効果が表れるのって、すべての毛の20%程度なんですって。
表面には生えていないけど、これから生えてくる毛もあれば、もう毛根が取れている毛もあるから、一回の照射ではすべての毛に脱毛の効果が表れないんです。

病院での脱毛では、すべての毛に脱毛効果が表れるのが3回目と言われています。
エステでの脱毛では、病院の倍の6回目ですべての毛に光が当たると言われています。

このため、病院とエステでは回数の違いはありますが、最初にすべての毛に光を当てるためにこの回数までは全照射するのが効果的です。

この後どうするかは、個人差が大きい部分ですね。
病院の脱毛の場合は、1回の脱毛効果が大きい分、やりすぎると生えてこなくなってしまう危険があります。

エステでの脱毛は、病院ほど脱毛効果は高くないため、多めに全照射する人も多いです。
エステの場合は、毛が全く生えてこなくなる前に、毛が細くなるという効果もあるため、これだけでもスッキリした印象になりますからね。

私も8回全照射しましたよ。

特にエステで何回全照射すればいいかっていうのを、スタッフの方に確認したことがあります。

その時の答えは、何回という回数より毛の状態を見たほうがいいというアドバイスをもらいました。
毛の生えている量もそうだし、毛の太さや生えてくるスピードが遅くなっていないかも見て、判断してくださいと言われました。

実際に毛の状態を見てくれているときに、もう少し全部脱毛したほうがいいのか、形を作ったほうがいいの聞くとアドバイスをもらえますよ。

毛が細くなってきた、毛が生えてくるスピードが遅くなったと感じたら、全照射はやめて形を作っていくのがおすすめです。
脱毛の期間も、少し間を置いて、毛が生えてくるのを待って照射するといいですよ。

また、毛の抜け方もVの真ん中だけ抜けやすい人もいるから要注意と言われました。
Vの真ん中だけ生えてこなくなると、まだらになっちゃいますよね。

目指している自然な形とはかけ離れてしまいます。
毛を減らしたいばかりに、何回も続けていると理想の形が作れなくなってしまいますからね、注意です。

そして、全体を自然に残したいときのアドバイスです。

自然に残す場合は、希望の形より1㎝狭く形を作って、その周りに照射してもらいます

そのあとに、希望の形通りに周りを照射してもらうと、毛の量が外側に向かって自然と少なくなるので、見た目もより自然になります。
周りには毛がないのに、急に毛が密集しているとなると、脱毛している感が丸わかりですよね。

なので、自然な形で脱毛したい、脱毛しているのをばれたくないという方は、1㎝狭く形をとるということを忘れないでくださいね。

もう一つ、脱毛前の自己処理で形を作るときのポイントです。

剃るときに上から見ていると、形がわかりにくいんです。
形を作るときは、鏡を見ながら沿っていくといいですよ
初めは大きめに形を作って、少しずつ修正していってくださいね。

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

VIO脱毛で全照射してたらまだらになっちゃった!これってどうすればいいの?

先ほども、照射しすぎるとまだらになることもあるとお話しましたが、実際こうなってしまった方もいますよね。
そうすると、もう毛が生えてこないの?とあせりますよね。

そんなときの対処法を見ていきましょう。

照射回数が少なければ気にしなくて大丈夫

何回くらいVを照射しましたか?
一般的に完全に脱毛が完了するまでは、病院での脱毛で12回前後、エステでの脱毛では24回前後と言われています。

これに近ければ本当に毛が生えてこなくなったのかもしれません。
でも、きっとそこまでは脱毛の回数は多くないはずです。よね?

なので、その場合は待ってれば大丈夫です。
今は生えていなくても、肌の下で眠っている毛がそのうち生えてきます。

2~3か月の人もいれば半年くらいかかる人もいますが、待っていれば毛が生えそろってきますよ

しっかり毛が生えそろってから、また形を整えて脱毛をしましょう。
順調に脱毛効果が出てきていると思って、安心して待っていましょうね。

どうしても生えてこなければ、形を小さくする

待っても待ってもどうしても生えてこない、となったら次の対処を考えましょう。

Vの形を毛が生えているところだけで作るようにしましょう
まだらのままよりは、きれいに形が作れますよ。

実際に、エステの店員さんの同僚の方が思ったより脱毛の効果が高くてあっという間に抜けてしまったらしいです。
小さい形を作ったり、思い切ってすべて脱毛することになった人もいたんですって。

脱毛のプロでもこんなことがあるんですから、素人の私たちがそうなってしまっても仕方ないですね。
脱毛する運命だったのかもと思って、好きな形を作ってくださいね。
思いのほか気に入るかもしれませんよ。

デリケートゾーンがまだらになったときの最終手段

脱毛をしすぎて毛が生えてこなくなった、まだらになってしまったけど、どうしてももっと毛が欲しいというとき、
あきらめることはありません!

最終手段は残っていますよ。髪の毛にも薄毛対策がありますが、VIO脱毛でも薄毛対策があるんです。
それがこちら!
  ↓   ↓   ↓
【Venus Veil】

水にぬらしても石鹸で洗っても問題ないので、脱毛しすぎたときの温泉旅行や彼とのデートにもこれで安心です。
これだったら、脱毛中で全照射してまったく毛が無いときの対策にもなりますよね。

まだら部分にこのアンダーヘア専用のヘアコンタクトを小さく切ってつければ理想の形も作れます。

2回までなら再利用できますし、緊急避難としてキープしておくといつでも安心して全照射もできます。
いざって時はコレ! 
アンダーヘア専用ヘアコンタクトって実際どうなの?

今なら【送料無料】+【プレゼント付き】ですよ~。

VIO脱毛の形の残し方のまとめ

デリケートゾーンを自然な形で残すときの脱毛の方法はわかっていただけましたか?
まずは、理想の形をしっかり決めてから、自分の毛の状況を確認して脱毛をしていってくださいね。

脱毛が終われば、今までとは違って、下着も水着も気にせず着ることができますね。
もうちょっと頑張って、すっきりした形を目指していきましょう。

VIO脱毛するならの毛穴や黒ずみのケアもお忘れなく!!

まずは毛の量を減らすことに夢中になってしまいますが、早めに毛穴対策、黒ずみ対策も必要ですよ。
VIO脱毛で毛穴や黒ずみが目立つときのケア方法 自己処理の方法も
デリケートゾーンのお肌を整えてどんな水着も下着もバッチリにしちゃいましょ。

キレイなデリケートゾーンを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です