VIO脱毛で毛穴や黒ずみが目立つときのケア方法 処理の仕方も


VIO脱毛をしていると、Vラインの毛穴の黒ずみが気になることありますよね。

今までは毛が生えているから気づかなかったけど、毛がなくなってきたからこそ目立つかも!って心配になりますよね。

脱毛しているときのお肌のケアについてお伝えしますね。

脱毛して毛もなくして、きめの細かいきれいなお肌を目指しましょう!

脱毛後のアフターケアや、お肌に負担をかけない処理の仕方についてもまとめましたよ。

スポンサーリンク

VIO脱毛すると毛穴や黒ずみが目立つ理由は?

VIO脱毛をしていくと、毛の量自体は少なくなったのに毛穴が余計に目立つ気がする!

Vラインの黒ずみがすごく気になる!ってことありますよね。

せっかく毛が少なくなってきたのに、お肌がこのままだと水着を着たり肌を出すのに抵抗がありますよね。

毛が無くなればキレイになると思ってたのに・・・と残念な気分になっちゃいます。

私もそうだったからよくわかります。

まずはなんで毛穴が目立つのか、その理由から見ていきましょう。

VIO脱毛に限らずですが、脱毛をしても毛穴自体はなくならないんです。

毛が無くなっても毛穴は残るので、毛穴が目立ってしまったり、黒ずみが気になったりしてしまうんですね。

またVラインは下着がこすれる部分でもありますし、もともとデリケートゾーンは蒸れやすい場所なのでお肌の環境としてはよくないんですよね。

なのでもともとデリケートゾーンの黒ずみが気になるっていう人は多いんです。

今までは毛が生えていたから気が付かなかっただけなんですね。

というと、じゃあずっとこのままなの・・・、せっかく脱毛したのに・・・となりますが、それは大丈夫です!

毛穴が目立つのには、今までの自己処理も影響しているんです。

自己処理でカミソリや毛抜きを使っていた方は、それで毛穴やお肌を傷めてしまっているんです。

自己処理をすることで毛穴が炎症を起こしてしまったり、お肌が乾燥することで毛穴が目立っているんですね。

なので、脱毛の回数を重ねていき効果が出てくると、自己処理の回数も減ってきますよね。

ムダ毛のお手入れが減ることでキメの整ったお肌になり、毛穴も目立ちにくくなるんです

毛が無くなっていくだけじゃなく、自己処理が減るのでお肌もキレイになる、これはすごいことですよね。

なので、脱毛中もできる限りムダ毛の自己処理の回数は減らすようにしてくださいね。

毛穴や黒ずみの目立たないきれいなお肌を目指しましょう。

お肌に優しいムダ毛の自己処理の仕方は最後にまとめてありますよ。

VIO脱毛のケアの注意点は?

では、きれいなお肌を目指すためのケアについてみていきましょう。

とにかく保湿が大切

お肌を整えるためには、とにかく保湿です。

洗顔後や入浴後に顔には保湿をしっかりしますよね。

それと同時に脱毛箇所もしっかり保湿しましょう。

脱毛をするだけでも、熱によってお肌が乾燥している状態になっています。

サロンで保湿してくれるように、自宅でも普段から保湿をしておきましょう。

保湿をしていることで、お肌がキレイになって毛穴が目立たなくなるだけでなく、脱毛効果もあがるんですよ。

お肌の水分量が多いほうが光が奥まで届くので、脱毛の効果も高いんです

脱毛の効果を早く出すためにも、毎日の保湿に力を入れてくださいね。

日焼けをしない

夏場に脱毛をしているときは日焼けに注意が必要です。

デリケートゾーンを日焼けすることはないでしょうが、全身の日焼けをすると体全体の水分量が減ってしまいます。

日焼けによる乾燥でもお肌に負担があるので、日焼け止めはきっちり塗るようにしてくださいね。

脱毛当日は運動や飲酒をしない

サロンでの説明もあると思いますが、脱毛当日の運動は禁止です。

体温が上がると毛穴が開いてしまい、汗や皮脂が毛穴に詰まってしまうんです。

脱毛当日はお肌にかなり負担がかかっている状態です。

注意点はしっかり守ってくださいね。

脱毛当日は湯船につからない

こちらもサロンで注意されますよね。

脱毛当日はシャワーのみで浴槽には入らないでください。

毛穴が開きそこにお風呂の雑菌が入らないようにするためですね。

運動しない、というところでもお話ししたように体温が上がること自体もよくないので、当日はシャワーのみにしましょうね。

シャワーの温度も低めにする

そして、シャワーも温度設定には注意が必要です。

熱いお湯だと体温が上がりやすいので、季節にもよりますが38~40℃程度のお湯のほうがお肌に負担はかかりません。

熱いお湯だと乾燥することにもつながってしまいます。

お肌に優しい温度にしてくださいね。

下着の形や素材に注意する

Vラインの毛穴の黒ずみが気になるという方は、下着を変えてみるのもおすすめです。

お肌に優しい素材を選んだり、ショーツの形をボクサータイプのものにするだけでもVラインがこすれる回数が減るのでおすすめなんです。

Vラインの締め付けが減り、こすれることも減るので黒ずみや毛穴が気になるなら下着から変えてみてもいいですね。

Vラインのかゆみが気になる方にもいい方法ですよ。


スポンサーリンク

VIO脱毛のお肌に優しい処理の仕方は?

お肌の乾燥を防ぎ、保湿にも気を付けていればお肌の状態はいい状態で保たれていますよね。

そこで、もう一点気を付けていただきたいことがあります。

脱毛前日か当日に、ムダ毛の自己処理をしますよね。

そのやり方でもお肌の負担が違うので、お肌に優しい正しい自己処理方法を見ていきましょう。

電動シェーバーを使う

ムダ毛のお手入れは必ず電動シェーバーを使いましょう

カミソリでは刃が直接肌に触れるため、お肌を傷つけてしまう可能性があります。

お肌が赤くなっていると脱毛の効果が少なくなってしまうどころか、お肌の調子が悪すぎるということで脱毛をできないこともあるんです。

特にVIOの部分はお肌も敏感で赤くなりいやすいですよね。

なので、必ず電動シェーバーを使ってくださいね。

おすすめは、顔用のシェーバーです。

脱毛サロンでおすすめされたので、私はパナソニックのフェリエを使っています。

細かいところもそれるし、コンパクトで持ちやすいのでつかいやすいですよ。

長い毛ははさみで切ってから電動シェーバーを使う

初めのうちはムダ毛の自己処理も時間がかかって大変ですよね。

毛が長いときは、まゆ毛用のはさみなどで毛の長さを切ってから、シェーバーを使いましょう。

いきなり電動シェーバーをつかっても、毛が絡まってシェーバーが動かなくなることもあります。

全体的に毛をカットしてからのほうがお肌の負担も少ないですよ。

ただ、お肌を切ってしまうことにはよく注意してくださいね。

何度も言いますが、お肌が傷ついていると、脱毛を断られてしまいますからね。

慣れないうちは時間がかかりますが、ゆっくり丁寧に自己処理しましょう。

上から下方向に剃る

剃るときのシェーバーの動かし方は上から下へにしてください。

毛の流れにそって剃ることで、お肌の負担も軽減できます。

シェーバーを動かす速度もゆっくりにして、丁寧に沿って行ってくださいね。

IやOなど剃りにくい場所は、お肌を少し引っ張って伸ばしながら剃るとやりやすいですよ。

ムダ毛を処理したら保湿を忘れずに

何度も行っているので、もうわかったよ!と言われそうですが、ムダ毛の自己処理が終わったらきちんと保湿をしてください。

電動シェーバーを使ってもお肌の負担はあります。

きちんと保湿してくださいね。

ムダ毛処理をしていると、お肌の乾燥に気付くこともあるはずです。

脱毛効果を高めるためにも、まずは保湿!と覚えておいてくださいね。

VIOの形についてはこちらからどうぞ。
VIO脱毛で自然な形に残したい!人気の形は?全照射は何回するの?

VIO脱毛での毛穴の黒ずみのケアのまとめ

デリケートゾーンの脱毛をしていて、毛穴や黒ずみが目立つときの対処法をまとめました。

まずはとにかく保湿が大切ということを忘れないでくださいね。

しっかり保湿をしてできる限りお肌の負担を軽減していきましょう。

また、脱毛の回数が増えていき効果が出てくると、自己処理の回数も減りますよね。

そうすると自然とお肌の負担が減るので、毛穴も目立たなくなってきます。

脱毛をして、お肌もキレイにして気持ちよく水着を着れるようになるといいですよね。

まずは保湿をして、きれいなお肌を目指していきましょう。

スポンサーリンク

VIO脱毛の時のにおいが気になるという方はこちらもどうぞ。
VIO脱毛するときの臭い対策!すそわきがに効果ってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です