母の日にプレゼントをいらないと言われたら お金がかからない方法や手紙の書き方


初めて一人暮らしをして迎える最初の母の日。
今まで気が付かなかったお母さんのありがたさがよくわかりますよね。

この気持ちを伝えるために何を贈ればいいかなと思っていたら、お母さんから母の日のプレゼントはいらないよ、と言われてしまいました。
お母さんも、あなたの為を思ってプレゼントはいらないと言っているんだとは思いますが、何もしないのも気になりますよね。

お母さんは一人暮らしを始めたばかりでお金も大変だろうからと、あなたの為を思っていってくれているんですよね。
じゃあ、お金をかけずに感謝を伝えられる方法って何かあるかな?手紙を書くのはどうかな?なんていろいろ悩みがでてきますね。

そこで、お母さんにもあなたにも負担のかからない母の日の過ごし方を考えてみましょう。
普段の感謝の気持ちを伝えるのに母の日はとてもいい機会になりますよね。

親子ともども幸せになる母の日の過ごし方を見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

母の日のプレゼントをいらないと言われたんだんけどどうしよう

もうすぐ母の日。
今年は何をプレゼントしようかなと思っていたら、お母さんから「今年の母の日はプレゼントはいいわよ」って言われちゃったあなた!
今どうしようか迷っていますよね。

お母さんも、毎年もらっても悪いから自分のためにお金を使って、と思っているのでしょうし、その気持ちはくみ取りたいですよね。

お母さんの年になれば自分でほしいものは、それなりに持っているでしょうし、欲しいものもないのかもしれません。

なので、今年からはお金をかけない母の日のプレゼントを考えましょう。
モノよりコト」がテーマです。

モノを贈るのではなく、コト、一緒にどう過ごせばお母さんが喜んでくれるか見ていきましょう。

スポンサーリンク

母の日のプレゼントお金がかからないものって何がある?

直接会いに行く

お母さんが一番うれしいのは、子どもが元気で過ごしていることですよね。
そして会えれば、なおうれしいのがホントのところ。

なので一人暮らしをしているならぜひ会いに行きましょう。
「ただいま~」とあなたが帰るだけでお母さんには最高のプレゼントになりますね。

何はせずとも、近況を話したり、思い出話をしたりして過ごす時間はお互いにとっても幸せな時間になりますね。

家事を手伝う

お母さんに感謝することって、どんなことですか?

たくさん感謝することはあると思いますが、きっと毎日ご飯をつくってくれたことって必ず入りますよね。

一人暮らしを始めたならよくわかると思いますが、毎日の家事って本当に大変。
やってもやっても終わりません。

毎日ごはんを作るのも、続ければ続けるほど大変さがわかるはずです。

なので、母の日は、お母さんをいたわる日として、毎日の家事を休んでもらいましょう。
代わりに、掃除、洗濯、食事の準備などなどやってあげてください。

お母さんもとても喜んでくれますよ。

全部やるのが大変だったら、夕食を作るだけでもいいです。
ただし、後片付けまでしっかりやるのがポイント!

最後までキッチンを片付けてお母さんは翌日まで何もしないでいいようにしてあげてくださいね。

マッサージをする

日々使えれているお母さんの肩もみや腰のマッサージをしてあげましょう。

上手い下手は関係ありません。
気持ちを込めて、ゆっくり肩もみしてあげればとっても気持ちいいです。

まずは自分の肩を押してみてどの辺が気持ちいいか確認してみてください。
わからなければ人に聞いてもいいです。

固くなってる部分をギューっと押してあげるだけでとっても気持ちいいんですよ。

子供のころの「肩たたき券」と同じですが、大人になった分お母さんの嬉しさは倍増ですね。

大人になるとスキンシップってなくなりますからね。
マッサージだと顔を合わせないですから、恥ずかしがらずできますよ。

一緒に出かける

一緒に買い物や食事、映画に行ってみるのもいいですね。
これだとまったくお金がかからないわけではないですが、一緒に楽しもうということで誘いやすいですね。

ゆっくりお話しする時間がとれればなおいいですね。

すてきな思い出を作る一日にしましょう。

手紙を書く

直接会いに行けなくてもできるのが手紙を書くことです。

普段書きなれてない人は長くかけないから無理と思うかもしれませんが、長文でなくてもいいんですよ。

短くても感謝の気持ちを書いて送ってみてはいかがですか?
お母さんはそれだけで、とっても嬉しいんですよ。

詳しい書き方は次にまとめますね。

母の日のプレゼントに手紙を添えるのがおすすめ

母の日にプレゼントとして物を贈らなくても、手紙があればとっても嬉しいというお母さんは多いです。

なので、ここでは手紙の書き方のポイントをお伝えしますね。

お母さんに書く手紙なので、難しいルールはないです。
お母さんに話しかけるように書けばいいので、硬くならずリラックスして書きましょう。

手紙の内容は、感謝の気持ちを伝えるのが一番です。

普段お母さんに感謝していることは何ですか?
離れて暮らしてみて分かったお母さんのありがたさは何ですか?

こんなことを書けばいいんですよ。

他にも、今でも覚えてる子どもの頃のエピソードなんかがあればそれを書くとお母さんも思い出して懐かしくなりますね。

手紙って、普段思っていても言えないことが書けるので、書くほうももらうほうも特別なプレゼントですよね。

ゆっくり時間をとってお母さんに感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。

例えば、一人暮らしをして初めての母の日に贈る手紙の例文を考えてみます。

お母さんへ

お母さんお久しぶりです。

○○に引っ越してきて1か月が過ぎて、ようやく落ち着いてきました。

一人暮らしの楽しさも満喫していますが、やっぱりさみしさもたまに感じます。
そんな時は、いつもお母さんに助けられていたんだな、としみじみ感じます。

毎日ご飯を作ってくれて、洗濯もしてくれて、当たり前すぎてありがとうと言っていなかったけど、
一人暮らしをしてみて、改めてお母さんにありがとうと言いたくなりました。

お母さん、いつもありがとう。
いつまでも元気でいてね。

お盆に帰るから、その時は私の大好きな○○食べさせてね。

 ○○より。

こんな感じでOKです。
もっと短くても、極端な話で言えば「いつもありがとう。」と書いたハガキでもいいんです。

心に浮かんだ言葉をそのまま伝えてみましょう。

せっかくの母の日ですからね、恥ずかしがらずにやってみましょう。

まとめ

母の日にプレゼントをいらないと言われたときの、代案をいろいろあげてみました。
やりやすいところでいいので、普段の感謝の気持ちをお母さんに伝えてみてくださいね。

お金をかけなくてもできることはたくさんあるので、プレゼントを贈ることだけにこだわらずステキな母の日を過ごしてください。

スポンサーリンク

今年の母の日が、お母さんとあなたにとっていい一日になりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です