クリスマスミサに一般の人も行っていいの?服装やマナーなど注意点のまとめ


みなさんは今年のクリスマスの予定はもう決まっていますか?

家族とツリーを囲んで…友人とクリスマスパーティー、恋人とデート。

さまざまな過ごし方がありますが、今年は少し違った体験をしてはいかがでしょう?

それはクリスマス本来の過ごし方である、教会のクリスマスミサです。

そこには世間のクリスマスの雰囲気とはガラッと変わって静かで優しい雰囲気に満ちた新しい世界がありますよ。

でもクリスマスミサってクリスチャン以外の一般の人が行っても大丈夫なの?
クリスマスのミサに参加するときの服装やマナーは?

などなど気になる点がいっぱいありますよね。

そこで、一般の人がクリスマスミサに行くときの注意点などをまとめました。

スポンサーリンク

クリスマスミサには一般の人も行ってもいいの?

もちろん一般の人でもクリスマスミサに参加できます!

教会は開かれた場所ですから、信者でなくてもウェルカムです。

クリスチャン以外がミサに参加できないことはありません。

普段のミサにも気軽に覗けますが、特にクリスマスの場合は、未信者向けに次第の冊子が配られていているので、初めてミサでも参加しやすいですよ。

ミサ中には「お立ちください」などの動作の指示や、祭儀についての説明をする司会者がいたりするので安心です!

クリスマスミサのカトリック教会とプロテスタント教会の違い

さて、ここでは「クリスマスミサ」と表記していますが、正確にはミサとはカトリック教会での呼び方になります。

キリスト教カトリック教会の次に大きい宗派である、プロテスタント教会では「礼拝」と呼ばれています。

ここで簡単に違いを説明すると、ミサとはカトリック教会での神への感謝と賛美を讃える祭儀のことです。

ミサの構成は「ことばの祭儀」と「感謝の祭儀」の2つから成ります。

「ことばの祭儀」は聖書朗読や神父による説教が行われ、「感謝の祭儀」はミサのメインであり、ご聖体の奉献、聖体拝領が行われます。

キリストはユダの裏切りで兵士たちに引き渡される前の夜、弟子達と最後の食事を共にしました。

その時にパンを「わたしのからだ」、ぶどう酒を「わたしの血」であると割って弟子達に与え、「これをわたしの記念として行うように」と命じられました。

絵画で有名な「最後の晩餐」の場面ですね。

カトリック教会では、この「最後の晩餐」で与えられたパンとぶどう酒はキリストのわざによって「ご聖体」に聖変化したとされています。

信者は聖体拝領でキリストのからだを頂くことで、キリストとひとつに結ばれる、と考えています。

一方プロテスタント教会では「信仰は聖書のみ」と言われており
礼拝のメインは聖書の御言葉を朗読し、その箇所に対する牧師の説教です。

また「主の晩餐」と呼ばれる、最後の晩餐を再現したパンとぶどう酒を頂く行為がありますが、プロテスタント教会ではあくまでも象徴であって、カトリック教会のように聖変化はしていません。

ですが「主の晩餐」も「聖体拝領」も信者でないと預かれないところは共通しています。

クリスマスミサの時間や内容

クリスマスミサは24日の夜に行われます。

ミサの時間は大体一時間半。

開始時刻は教会ごとで違うので、ホームページなどで確認してみてください。

大きな教会ではたくさんの方が参加するので、余裕があれば早めに行くことをお勧めします。

カテドラル(地方ごとにある中心教会)の教会になると、クリスマスミサが一日に数回行われ、一般の人向けに案内している第1ミサの参加者は毎年800人以上もいるんですよ。

そしてなんと!その半数以上は未信者の方なんです。

これだけたくさんの人が参加している事が分かると、一気に敷居が低く感じられてきますね。

クリスチャンでなくても、一般の人でもたくさんの人がクリスマスのミサに感化しているんですね。

もちろん教会では街中みたいな「アナタは神様を信じてますか?」なんて勧誘などは一切ありませんし、聖書を買わせるような事もありえませんので安心してください。

カトリック教会やプロテスタント教会は調べてみると意外に近くにありますよ。

この機会にご近所にある教会に行ってみるのも良いですし、目的別に選ぶのもいいかもしれません。

荘厳さや神聖さの雰囲気を感じたい方はカトリック教会お話をしっかり聞いてみたい!という方はプロテスタント教会がおすすめです。


スポンサーリンク

クリスマスミサの服装やマナーは?

クリスマスのミサにさんかするのに、服装には特に決まりはありません

お祝いの日なのでお洒落をしてくる方もいますが、大体みんな普段着です。

一般的に普通と思われる格好であれば間違いはありません。

ただ注意点として、教会内はとても寒いのでしっかり着込んで来ることが必須です。

未信者の方が参加することは、信者の方達は基本心から歓迎されます。

なので安心して一般の人も参加できますが、マナーには気をつけてください。

多少のおしゃべりや撮影は温かい目で見てもらえますが、熱心な信者さん達もいますので、最低限のマナーは守りましょう。

特にお祈りの時や神父が説教をしている時は、みんなと一緒に静かに耳を傾けましょう。

ミサの後半にある「聖体拝領」で、未信者(一般の方)はご聖体を頂く事は出来ませんが、神父さまが祝福して下さる教会もあるので、案内があれば受けられます。

祝福の受け方は、聖体拝領の列に並んで、自分の番になったら「祝福をお願いします」と胸に手を合わせて軽く頭を下げます。

そして神父が頭に手を乗せて祝福の言葉をかけて下さるので、終わったら一礼をして自分の席へ戻りましょう。

神父の手を通して神様の愛が伝わって、きっと心がほっこりと温まると思いますよ。

そしてミサのなかでは献金袋が回って来ます。

必ず入れないといけない訳ではありませんが、教会の維持はほぼこの献金で賄われていますので、気持ちだけでも形に表して頂ければと思います。

スポンサーリンク

一般の人がクリスマスミサに行くときのまとめ

いかがでしたか?
はじめて教会に行くのなら、クリスマスミサが絶対おすすめです。

クリスチャン以外の一般の人がたくさん参加していますし、祭儀の説明もしてもらえますよ。

ただ、クリスマスミサに参加するならマナーには気を付けてくださいね。

といっても、おしゃべりをしないなど一般的なことを守れればそれで大丈夫!

賑やかなクリスマスパーティーや、ロマンチックなディナーももちろん素敵ですが、時には神聖なクリスマスも体験してみては?

お近くのカトリック教会、プロテスタント教会を探してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です