アイシングがまだらになる原因と対策は?失敗例と復活させる方法も!

アイシングクッキーがまだらになる原因と対策!失敗例と復活させる方法も!
最近流行りのアイシングクッキーは、見た目も可愛くプレゼントされても喜ばれますよね。

色々なサイトで作りかたがアップされていたり、簡単にできるキットが販売されていたりして、気軽に作れるお菓子として人気があります。

それでも失敗してしまった!という事があると思います。

今回は、アイシングクッキーを乾燥させていたら、何故だかまだらな模様が浮き出て来て失敗してしまった方にむけてお話します。

アイシングがまだらになってしまう原因とまだらにしないための対策を解説します。

そして、もしアイシングがまだらになってしまったときの復活させるリカバリー方法もお伝えしますよ。

あきらめずに、かわいいアイシングクッキーに挑戦しましょう!

アイシングクッキーのクリスマスのおすすめデザイン!型なしでも簡単にできるのはコチラ!

スポンサーリンク

アイシングが乾燥するとまだらになってしまう理由は?

アイシングクッキーがまだらになってしまう理由は、粉糖と卵白、少量のレモン汁というシンプルな材料に落とし穴があるからです。

一見簡単そうな材料で混ぜるだけで出来るんなら出来そう!と思われがちですが、ここがそうでもないんです。

ただ混ぜているだけではなく、外枠は硬めのアイシングでしっかり枠を作り、埋める部分は少し緩めて広がるようにする事で綺麗な仕上がりになるというふうに、奥が深いのです。

混ぜすぎても硬くなってしまって線がうまく弾けなかったり、弱に緩すぎると枠からはみ出てしまったり乾燥に時間がかかってしまいます。

この、ゆるめたり硬くしたり、という微調整のなかで、乾燥後まだらに仕上がってしまう現象が起きます。

つまり、アイシングがまだらになっている部分は水分が混ざりきらず硬い部分とゆるい部分の乾燥に時間差ができることによって発生するんですね。

なぜまだらになるかと言うと、粉糖の粒が残っていたり、卵白が新しくてプルンプルンの部分がうまく混ざっていなかったり、レモン汁を入れた後のまぜが足りなかったり、色素の色付けがうまくできていなかったりという理由があげられます。

アイシングクッキーの模様をまだらにしない対策とコツは?

アイシングをまだらにしないための一番のポイントは、とにかく配合通りに計量しキチンと混ぜる事です。

お菓子作りの基本は計量です!

料理とは違い目分量や感覚で調整できるようになるためには何年も修行が必要です。

初心者の方がやる時は、必ず見本に忠実に、きちんと計量!

もう一つアイシングをまだらにしない対策があります。

それは、卵白はきちんとこしをきって水溶性の高いものを用意すること!

新鮮な物を使う方が安心ですが、新鮮な卵ほど卵白に張りがあって、混ぜこむのには不向きです。

なるべくこしをきってから使うようにしたり、今では洋菓子用品店で乾燥卵白なども売っているので、それを混ぜるようにしましょう。

そして、レモン汁や色素での色付けで水分を入れる際は必ずキチンと混ぜましょう。

ここに1番まだらになる原因が隠されていますからね。

アイシングをしっかり混ぜることで、水分量を一定にして、同時に乾かすことが大切ですからね。

それをなくすためにはとにかくキチンと混ぜる事!簡単そうで意外と見落としがちな部分なので気をつけて作りましょう。

アイシングの表面が乾燥後にまだらになってしまった場合の解決策

アイシングがまだらになっていると、やはり見た目が劣ってしまうので、1番な解決策は、一度アイシングを剥がしてしまった後、また新たにアイシングをやり直すのがおすすめです。

しかしその際に、乾燥したアイシングのかけらがクッキーの表面に残っていたり、クッキー自体が崩れてしまってボロボロになってしまうという危険性がないとは言えません。

スポンサーリンク

結婚式の送品なので全て統一させなければならないクッキーを何百枚も作る!となったら、1からやり直した方が早いかもしれません。

ですが、数枚をリカバリーしたいという事でしたら、枠を書く用の少し硬めのアイシングをコルネ(アイシングを絞り出す道具)につめて、まだら模様にそってレース模様を書くと華やかさが増してより可愛らしく素敵になりますよ(^^♪

もしくは、別の色のアイシングをを用意して、まだらになった部分を隠すようにおき、バイカラーや動物模様のアイシングクッキーに変えてしまっても可愛いくておすすめ!

アイシングクッキーがまだらになってしまう原因と対策のまとめ

初めて作る方は念入りに混ぜたりするので意外と起こりにくい失敗ではありますが、こういったイレギュラーな失敗もあると思って作れば、より素敵なアイシングクッキーをつくることができますよ。

アイシングをまだらにしないためには、よく材料を混ぜること、卵のこしをしっかり切ることを忘れないでくださいね!

アイシングクッキーは繊細な模様を描いたり、色を変えてデコレーションしたりと、とにかく見た目が大事なお菓子です。

せっかく頑張って作った物が失敗に終わってしまわないように、少し気をつけて、お菓子作りを楽しんでください。

そして失敗しても復活方法があるので、最後まであきらめずに対処してくださいね。

思わぬところからアイディアが生まれたり、元のデザインよりかわいいものができあがるかもしれませんよ!

この記事を読んだ方にオススメの記事

アイシングクッキーのクリスマスのおすすめデザイン!型なしでも簡単にできるのはコチラから!

アイシングクッキーの初心者向けのデザイン!市販のクッキーでおすすめは?

初心者でも簡単にできるものを集めたので、初挑戦でも大丈夫です。

スポンサーリンク

失敗してもリカバリーできるのでかわいいアイシングクッキーを作っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です